2010年03月10日

密約問題 公明・山口氏「報告書に一定の評価」(産経新聞)

 公明党の山口那津男代表は9日、外務省の「密約」問題に関する有識者委員会が日米間の「密約」に関する報告書を提出したことについて「過去の歴史的な事実、行政情報の有無について検証作業を行ったことは一定の評価をすべきだ」と述べた。国会内で記者団の質問に答えた。

 また、「行政情報にアクセスできた首相や外相の判断、対応がどのようなものであったかをこれから多角的に検証していく必要がある」と述べ、報告書をもとに国会で議論していくべきだとの考えを示した。

【関連記事】
普天間めぐる退陣要求に首相「挑発に乗らない」
核密約めぐり志位委員長「歴史をねじ曲げている」
安倍元首相「核密約の申し渡しはなかった」
「日米安保に影響なし」非核三原則も堅持 岡田外相
日米密約「3密約を認定」有識者委員会
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

鳩山・小沢会談が終了(産経新聞)
“ご破算”の危機、イラクのナシリヤ油田開発 日本側、追加援助の可能性も(産経新聞)
<異臭>山陽新幹線「のぞみ」で オイル漏れか 乗客避難(毎日新聞)
ふんわり春やね 大阪城公園で梅見ごろ (産経新聞)
予算案、衆院委が可決…年度内成立へ(読売新聞)
posted by キシダ ナオユキ at 19:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。