2010年03月04日

<線香>ありがたさ倍増? 2ミリの般若心経(毎日新聞)

 信仰心や先祖を思う気持ちが深まればと、京都市の印刷会社が、わずか2ミリ幅の表面に「般若心経」や「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」の文字を刷り込んだ線香を発売した。

 北区のサンケイデザイン(075・441・9125)が兵庫県淡路島の線香業者の協力で印刷に成功。紫色や小豆色の表面に白く経文が浮かび、別注で戒名も入れられる。

 48本入りで、文字数276の般若心経が2415円、少なめの南無阿弥陀仏などは2100円。少し高いが、これを供えてお経を読めば“ありがたさ”が倍増しそう。【野宮珠里】

【関連ニュース】
被告が法廷で読経 裁判長「だいたい合ってるね」
よこての全国線香花火大会:国産手持ち花火、無料で楽しむ
携帯電話で聞く「モバイルお経」 東京・了法寺がQRコード付きカード販売

普天間問題 社民・福島党首、2月取りまとめに難色 平野氏は反論(産経新聞)
<ゴルフボール>特許侵害認定 輸入米社に賠償命令(毎日新聞)
満珠島・干珠島
春を味わう「ひな祭り茶会」=京都市〔地域〕(時事通信)
<友愛ボート>日赤に参加打診 社長は慎重姿勢(毎日新聞)
posted by キシダ ナオユキ at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

<鉄塔倒壊事故>関西電力を捜索 業務上過失致死傷容疑で(毎日新聞)

 福井県美浜町の山中で08年9月、建て替え中の関西電力の鉄塔が倒壊し、関電の協力会社の作業員2人が死亡し2人が重傷を負った事故で、福井県警は28日、業務上過失致死傷容疑で鉄塔を設計した関電電力システム技術センター(大阪市北区)を家宅捜索した。

 この事故で同県警が関電組織を家宅捜索するのは初めて。捜査関係者によると、県警は押収した資料などから同社社員らの過失責任を詳しく調べ、立件の可否を判断する。

 同センターは関電本店の一組織で、発電所以外の電力設備の建設、設計を担当。センターが入るビルには午前9時45分ごろ、捜査員約40人が訪れ、捜索は午後7時まで続いた。同県警は、鉄塔の破断面などを専門機関で鑑定、関係者から事情聴取するなどして、工事に問題がないか捜査していた。

 一方、関電は独自に原因究明し、鉄塔が工事の過程で片側だけに送電線を張った状態になったために荷重が偏り、一部の鋼材が強度不足で破断し倒壊した、とする調査結果を08年12月に経済産業省に提出。工事前に強度計算をしていなかったことも認めている。

 捜索を受け関電は「すべての事業活動で安全を最優先にすべく、全社一丸となって取り組む」とのコメントを出した。【幸長由子、佐藤慶】

【関連ニュース】
プルサーマル計画:伊方原発3号機で送電開始へ
私のスタイル:関西電力広報宣伝グループ・チーフマネジャー、槙山実果さん
東北電力:伐採木で火力発電燃料、来年5月に試験導入 /宮城
冬山訓練:送電線事故に対応−−田代平 /青森
つり掛け式貨車輸送:150トンの変圧器、専用貨車で−−三菱電機赤穂工場 /兵庫

<津波>4万世帯以上に避難勧告など 過去に被害の和歌山(毎日新聞)
診療に従事する大学院生、雇用契約なしが38.1%(医療介護CBニュース)
子ども手当ては満額支給=鳩山首相(時事通信)
架空債権36億円詐取容疑、消費者金融元社長ら逮捕 流動化取引悪用で初立件(産経新聞)
知的障害女性の財産横領=7800万円、親類の女逮捕−奈良地検(時事通信)
posted by キシダ ナオユキ at 06:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

複数強盗殺人で初の求刑は無期 「同情の余地、遺族も求めてない」 裁判員 鳥取地裁(産経新聞)

 鳥取県米子市で昨年2月、会計事務所社長ら2人が殺害された事件の裁判員裁判で、強盗殺人罪などに問われた元経理担当者、影山博司被告(55)の論告求刑公判が26日、鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)で開かれ、検察側は「被告は当時、まとまった金がどうしても必要で強盗目的は間違いない。だが、追いつめられた挙げ句の犯行という側面もあり、一定の同情の余地がある。遺族も死刑までを求めていない」などと無期懲役を求刑した。

 犠牲者が複数の強盗殺人事件は裁判員裁判では初めてで、死刑求刑の可能性もあったが、検察側は被告に有利な事情などを考慮し死刑求刑を回避した。

 裁判員らが量刑を判断する評議は同日の公判終了後から開かれ、判決は3月2日午後に言い渡される。

 公判は、強盗目的だったかどうかが最大の争点。検察側は「犯行当時、事務所の資金繰りは危機的状況で、事務所の支払いに自らの借金を充てていた被告の経済状況も破綻(はたん)寸前だった」など、強盗殺人罪が成立するのは明らかだとしていた。

 これに対し弁護側は、「経営危機は犯行直前に始まったことではない」と反論。動機は公私にわたり社長らに隷属的な扱いを受け、その状況から逃れるためだったと強盗目的を否定し、影山被告も「偶然、財布やキャッシュカードを見つけ、預金を引き出そうと考えた」と述べていた。

【関連記事】
裁判員鳥取地裁 被害者遺族が出廷、「無期懲役を」「極刑を」
なぜ2人も…強盗殺人の動機ただす裁判員 補充1人解任
鳥取県米子市の会計事務所社長殺害事件 被告が全面的に争う姿勢
会計士「10年前から破綻経営」元同僚「うっぷん爆発」 社長ら2人強盗殺人 裁判員裁判
【News解説】「金銭目的」「精神的限界」重い判断

真央にはビリケンさんがエール!逆転金だ!(スポーツ報知)
水理学
“夢の原子炉”もんじゅ14年ぶり再開へ 機構が福井県に協議願い(産経新聞)
高校無償化、朝鮮学校「検討中」に修正 鳩山首相(産経新聞)
<スカイネット>旅客機3機を点検せず運航 厳重注意に(毎日新聞)
posted by キシダ ナオユキ at 13:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。